5つ星ホテル・スパセラピストによる、完全個室のプライベートサロン、The Beautiful Dawnへようこそ!いつもがんばっているあなたが、わがままを言える場所-そんなサロンをご用意しました。心・体・スピリットを繋ぐエサレンセッションと、5つ星ならではのおもてなし。隠れ家サロンにて、プロフェッショナルなホスピタリティをご堪能いただけます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

数日前にいらした方ですが、私が働いているホテルスパにいらしたお客様のことを書いてみようかと思いました。

(個人が特定できないよう、少し内容を変えて書きますね^^)


その方は、なんだかすごくせっかちな様子でスパに現れ、あまり周りの声にも耳を傾けてくれない雰囲気のお客さまでした。

コンサルテーションもそこそこに、「疲れている、、、」とベッドに横になられ、そのままマッサージを始めました。

こういう方は割といらっしゃるのですが、そのお客様は、マッサージ中もずっとそわそわ。。。

途中で急に、「アップルジュースは今飲めないかしら?」とか言ったり、居心地が悪そう。。。

そんな中、突然、「私って今どんな感じかしら?」と質問されました。

お身体の状態を感じたままに伝えると、「感情面では?」との質問が。

とっさの事だったので「なんだか、動揺されているように見えますね、、、」とそのまま思ったことをお伝えしてしまいました。


その後、少しだけ言葉を交わしましたが、お客様の体がリラックスしてきたころ、

「実はすごく悲しいの。おなかに悲しみが溜まっている感じで。。。」と話してくれました。

それから、急きょおなかのマッサージに変更して。頭と首はしなくていいから、とのことで、

おなかと腕のマッサージを丁寧に行い、90分後にはだいぶリラックスされたように見えました。


終わった後、「私、今どう見えるかしら?」とまた聞かれたので、「とても静かで落ち着いて見えますよ」とお話ししたところ、

「そう。すごく落ち着いてる。すっきりしたみたい。でも、私、マッサージの最中に少し泣いていたの。でも、泣くことって大切よね。泣くと感情が流れて自分を取り戻せるでしょう?仕事で気が張ってると泣きたくても泣けないの。泣けないってすごく苦しい。今日は泣けてすごくよかったわ。」

と話してくれました。

個人的な話は一切聞いていません。

でも、ただそばに誰かがいて触れられていたことが、大きな癒しになったそうです。

なんだか、エサレン的だなぁ、と思いました。


ホテルスパでは、(私の場合ですが)あんまりこういったことはありません。

でも、エサレンではよくあります。

私もただ触れられて、何も話さずただ泣いて、そして癒されたことが何度もありました。

それと同じことがホテルスパでも起きたということが、なんだか不思議で、

でも、すごくうれしくもありました。

きっと、タッチの力、「触れられることで起る癒しの力」をご存知のお客さまだったのだと思います。


こういった方が増えるといいなぁ、と思いました。

そして、タッチの力をたくさんの人に伝えていける様、私も頑張ろうと思いました。

このお客様は、、、不思議な、神様からのギフト、だったのかな?

これからも、どんなところでも自分らしくセッションしていきたい、

そんなふうに思っています^^







【2014/12/03 20:27】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
都庁

このブログを書き始めてから、週一回は更新しよう!と思いながら書いているのですが、

最近ちょっと怠り気味ですf^^

書きたいこと、伝えたいことはたくさんあるのだけれど、まとめる時間がなかなか作れず。。。

なので、今日は自分の近況を書いてみようと思います。

最近、一番慌ただしく追い込まれていることの一つに通信制大学のレポートがあります!


今、通信で心理学を学んで2年目。

来年で3年目になるのですが、来年は卒業研究というものがありましてf^^

それは、やってもやらなくても卒業できるのだけど、やっぱりやりたい!という思いがあり。

そのために終わらせなければならない必須科目を終わらせて、、、

研究に必要な資料を探したりして、、、。

研究の計画書の提出は今月末まで!ということで、なかなか、追い込まれています><


私が今やってみたいなーと思っていることは、神話と心理療法の関連性について、だったりします。

その文献研究なのですが、どんな目的を持って、どう研究していくのか、、、。

未経験の私には、いまいちよくわからず>< 

周りの人に聞いてみたり、ネットで検索したり、、、模索中。

なにか、いいアドバイスをお持ちの方がいらしたら、教えてください!(笑)

明日は論文を探しに国会図書館に行ってみる予定です。

追い込まれつつも、新しいことへの挑戦を楽しんでいます^^


そんなこんなで11月が終わり、そして12月もあっという間に終わるんだろうなー。

ちょっと早いけど、冬ごもりモードですf^^

でも、こもってる間にもいろんなことを熟成させて、、、

より自分の進みたい方向に向かっていければと思っています♪

そんな私の近況報告でした^^





【2014/11/10 22:15】 | 日々のこと
トラックバック(0) |
名月院


実際の進み方を書こうと思いつつ、時間がたってしまいましたが、、、。

気を取り直して、説明させていただきます!文章でどれだけ伝わるかな。。。

このカウンセリングは基本的には一対一のお話し合いのなかで進むものですが、

「身体のエネルギーバランスを整えながら進めていく」

「身体の筋肉の反応を確認しながら、“自分の本当の思いは何か”を探っていく」

ということが他にはない特徴だと思います。


通常の流れとしてはこんな感じです。



今の問題やテーマが何かを教えてもらい、その問題がなくなったらどうなるか、

どんなふうになりたいかを話し合います。


身体のエネルギーバランスを簡単な技法で整えます。(心の準備体操のようなものです)


その問題について、今現在のクライアントさんが何か気づく必要があるかを話し合います。

(身体感覚、感情的なもの、気になっているパターンなど)


筋肉の反応を活用して、その問題と関係のある過去に戻っていきます。

(年齢遡行と言う、少し催眠に近いようなテクニックでその年齢の自分に戻ります。

自分の意識や態度は実年齢のままなので、子ども返りするような年齢退行とは違います。)


そこでの出来事や関係した人々を限定していきます。

(このプロセスはとても繊細なものなので、クライアントさん主導で行います。

また、大きすぎるトラウマがあり思いだすことが負担な場合は違う年齢に移行したり、

それ以外にも負担を軽減するような手法で進めていきます。

話したくないことを話していただく必要はなく、「この出来事、この人たち」と心の中で

確認してもらうだけでも十分です。

もちろん、話すことで気持ちが楽になる場合は、お話しをうかがいます。)


イメージワークやロールプレイ、エネルギー調整などの手法を用いて、

その年齢のクライアントさんを癒すことをサポートします。

また、その時の出来事によって身に着けた「その時はその思いを持つことで

人生をやりぬくことができたけれど、今はもう必要のない思いや考え方」を見つけていきます。

十分に癒されて気づきを得たと感じたら現在に戻ってきます。


現在の年齢に戻ってきていただき、気づきや年齢遡行の体験を話し合います。


必要に応じてアファメーション(自分を癒し励ます言葉)などを見つけていきます。


このような流れの60分から90分のセッションです。伝わるといいのですが。。。

初回は話すことも多くなることが多いため90分をお勧めしています。

自分の抱えている「どうしても変えられない何か」を変えることって、けっこう楽しいんです!

私自身も、たくさんの変容を経験して今に至ります。

それは身も心も、そして人生も軽くなっていくステップです。


もし、受けたいけれどこんな話をしていいのかな、と思われる方がいらしたら、

事前に電話やメールなどで簡単な相談内容を軽くお話しくださいませ。

そうすることで、安心感も高まると思います。


カウンセリング内容や私自身についてご質問がある場合も遠慮なくお尋ねください。

もし、ご興味のある方がいらしたら、ぜひお気軽にご連絡いただければと思います^^


【2014/10/19 12:07】 | キネティックカウンセリング
トラックバック(0) |
ミナトミライ


先日、私が行っているキネティックカウンセリングへのご質問をいただきました^^

説明べたの私の話で理解いただけたかどうか、、、。

話し始めると、どうしても説明が難しくなってしまうのです。

なので、改めて文章に落としてみました。それでもやっぱりややこしいのかも。。。

今回も長文(しかも2回に分けます)ですが、とてもよいカウンセリングなので、

たくさんの人に知ってもらいたいと思い、ブログにも載せてみます^^

もし、ご興味がある方がいらっしゃいましたらご一読くださいませ♪


****************************

問題がなかなか解決しない時や何かに行き詰まりを感じている時、

実は自分の内側でいろんなことがダイナミックに動いていることをご存知ですか?

人生が上手くいかないように操作している影の存在が実は自分の心の奥にいて、

強い、しかも間違った信念のもと、人生を操っていたりするのです。


キネティックカウンセリングでは、「自分自身の外側の世界で起きていることは、

実は自分自身の内側で起きていることの反映なのだ」という考えに基づき、

クライアントさんが自分の内なる叡智、内なるヒーラーと繋がることを促しし、

クライアントさんご自身が自分の力で心の奥のネガティブな思い込みを変える。

そんな過程をサポートします。


そこでは、思いもしなかった無意識的な信じ込みや心の痛みに出会うことがあります。

しかし、それらの「自分が知らなかった自分」に優しく寄り添うことで自分の深部が癒され、

結果的に人生が変わっていく、という変容のプロセスが起るのです。


そのプロセスは「深層心理の旅」とも言えるかもしれません。

そう聞くと、自分の見たくないものを見て怖いことが起るのではないか、と

感じるかもしれませんが、それは旧友に再会するようなほっこりした体験だったりします。

そこでは、「セラピストからの批判や分析のない温かい空間で」

「クライアントさんが主導権を握りながら」行われるため、

守られた感覚とともに自分を優しく見つめることが可能です。


では、不必要な思い込みとは何でしょうか?

一般的に言うと、それは子ども時代の体験から学んだ

「自分とは、、、」「社会とは、、、」「人生とは、、、」という

自分なりに築き上げた「人生を生き抜くための信念」です。

ポジティブな自分を育てるような信念なら問題ないのですが、

「自分は十分な存在ではない、、、」「周りは敵だらけだ、、、」というような経験を

子ども時代に体験し、その考えをずっと引きずっていくとしたら、、、。

人生はなかなか大変なものになってしまいます。

そして、面白いことに大人になるにつれてその信念を持っていることを忘れ、

その代わりに信念通りの環境に身を置き続けることを無意識に選んでしまうのです。


何かが上手くいかない時、その裏にはもしかしたらこんな思いがあるのかもしれません。

これは、ほんの一例ですが、、、。

・私は価値のある存在ではない
・私には前に進む力がない
・私はそのままでは愛されることはない

自分の環境を変えたい時、環境を変えようともがく前に必要なことは、

実は無意識レベルでこのような不必要な古い思い込みを捨て去ることだったりします。

心の奥の思い込みを変え、過去の出来事は終わったことと整理されていくと、

今までの無意識的に選び取ってきたネガティブな信念を手放すことができ、

無意識レベルで、嫌な出来事を「選ばない」という選択ができるようになるのです。


そのプロセスを、筋反射という身体の反応を利用した対話方法と、

様々な手法を合わせて、穏やかに進めていくものがキネティックカウンセリングです。


やっぱり、、、分かりずらいですねf^^ 文章にすると、本当に難しい。。。

でも、説明はもう少し続けます!

次回は、具体的にどのようなセッションを行っているのかに焦点を当てて、

ご説明できればと思います^^ お付き合いいただけたら幸いです^^


【2014/10/07 19:56】 | キネティックカウンセリング
トラックバック(0) |
大弁財天

先日の気功教室で教わった「気」のお話しの続きです^^

健康になるためには身体を「気」で満たすことが大事、でもその前にすることが。。。

それは、悪い気を抜いてあげること。そうじゃないと、いい気も入っていかないそうです。

その原理について、精神科医のアレクサンダー・ローエンの理論を用いて説明してくれました。


アレクサンダー・ローエン氏は、精神分析家のウィルヘルム・ライヒの弟子にあたる人です。

もうお亡くなりになったのですが、バイオエナジェティクスというボディワークの創始者で、

なんと、アメリカ・エサレンでもセミナー・リーダーとして活躍された方なのです!


そして、私はちょうど偶然にも彼の著作「身体のスピリチュアリティ」を読んでいたところでした^^


ローエン氏の理論によると、人間の営みはエネルギーを充電したり、または放電したりの

繰り返しで、この放電というものが、素直な情動の発散や開放的な行為などで体験されるとか。


つまり、エネルギーを放電するには自分が感じたことを表現していくことが大切!ということですね♪

で、それを妨げるのが「ブロック」なのですが、これは感情を抑えることでできてしまう

心のシコリのようなもので、筋肉の慢性的な強ばりやコリとしても現れるそうです。


ローエン氏いわく、子どものころに「怒っちゃだめ」「泣いちゃだめ」と言われて育つことで、

横隔膜にブロックを作り、身体を硬直させていってしまうそうです。

結果、エネルギーの放電がままならず、充電-放電のサイクルが機能しなくなってしまうとか。


身体の主なブロックとしては下記の3つがあるそうです。。

*のどのブロック――思考と情動の分離(頭で考えたことに感情が伴わない)

*横隔膜のブロック-情動と身体の分離(感じたことを外に出せない)

*首の後ろのブロックー思考と身体の分離(考えたことを行動に移せない)


ブロックは、感情を抑圧し、呼吸を止め、身体を縮込ませてできたものだから、、、

逆に、感情を解放し、呼吸を深め、身体を伸ばすことを同時にすることで、取り除ける!

というのが、バイオエナジェティクスの考え方です。


説明が長くてすみません><;

先日の気功教室では、その理論のもとに作られたエクササイズを行い、

身体を伸ばし、呼吸を深めることで感情を解放する、という体験をしてきました。


エクササイズを簡単に説明すると、、、やったことは、意外とシンプルです^^

仰向けに大の字に横になり、腰の下に座布団3枚ほどを入れる(腰がストレッチされている状態)

そのまま、おなかに空気を入れて「あー」とか「はー」とか声を出す

胸やのどにも空気を入れて「あー」とか「はー」とか声を出す

今度は中村先生の言うキーワード(「怒り」「恥」「悲しみ」など)を聞きながらそれを行う


こんな感じで♪終わった後は、なんだか身体がすっきりしていました♪

感情解放というと感情やそれに伴うトラウマと直面するイメージがありますが、

今回やったことは、お家で朝晩できちゃうような気軽なエクササイズでした^^

(ただし、意識が深まるに従ってトラウマに直面する場合もあるので注意は必要かと思います。
 参加された方の中にも、強い感情が出てきて手が震えたという方も。その方はしばらくして落ち着きましたが!
 感情やトラウマと向き合うことはとても大切ですが、安全な場所でむりせず行うことが大切だと思います。
 また、強すぎる感情が出そうな場合は1人で行うより専門家がいる場所で行ったほうが安全です。)

こんなふうに、エクササイズを通して自分の感情を受け入れ、呼吸とともに外に出して行く、、、。

その後に感謝の気持ちを身体に入れていく、、、。

そこに気の流れが生まれ、身体が気で満たされていくのだ、ということでした。

心と体が繋がっていることを体感できたクラスでしたー♪



【2014/09/30 18:22】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。