5つ星ホテル・スパセラピストによる、完全個室のプライベートサロン、The Beautiful Dawnへようこそ!いつもがんばっているあなたが、わがままを言える場所-そんなサロンをご用意しました。心・体・スピリットを繋ぐエサレンセッションと、5つ星ならではのおもてなし。隠れ家サロンにて、プロフェッショナルなホスピタリティをご堪能いただけます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/19AT

先日、またまたフーちゃんのアートセラピークラスに参加してきました。

テーマは引き続き「内臓感覚を感じる」。

内臓感覚って、なんでしょうか?実は参加している私も今一つ分かっていませんf^^

内臓は、手足のように自分の意思で動かせるものではありません。

同時に、うっかり頭で忘れていたから止まってしまうものでもありません。

私たちの頭を超えた、命の部分で、日々活動してくれているものです。

それだけに、自分の魂の声が反映されやすい場所と言えるかもしれません。

その内臓たちがどのように感じているのか、内臓感覚のワークとは、

それを感じていくワーク、なのかな?


今回は、体を感じ、どこか重苦しいところがあったら、そこに力を入れたり縮めたりして

圧を加えていく、という瞑想を行いました。そしてその後に、絵具で絵を描いていきます。


瞑想中は、左わき腹に重みのようなものを感じましたが、いまいちよくわからないままでした。

でも、それを絵にかいた時、どういうわけか、巨大な重々しい魚が海面から出てくるものを

描いていました!

巨体を持ち上げ跳ね上がる姿は、ものすごい力強さを見せつけ、私を驚かせました。

「あぁ、私、おなかの中にこんなものを隠し持っていたのかぁ!」なんて思ったりしてf^^


その後はまた瞑想に入り、今度は「自分の中に在る、自分を助けてくれる質」を感じていきました。

そして出てきたものは、上の写真の絵です。


最初頭の中にあったものは雪でした。ふるさとの雪景色。大雪の後の青天の朝です。

清らかさと、すがすがしさと、純粋さと、あたたかさ。柔らかさも感じていました。


上の絵は、実は絵具と色がみで作られています。水色の色がみを破って貼り、

貼ったものをまた破り、白と青の絵具を糊代わりに使い、貼り付けていきました。


その動きはとてもゆっくりで、どこか瞑想的だったよ、と後で言われました。

その割に、激しい印象がある絵に仕上がっているのがとても不思議です。

波のような、白鳥のような絵に仕上がりました。


私にとって、「自分を助けてくれる質」とは何だろう?と改めて考えると、

それは「死と再生」「破壊と再生」への理解、のような気がしました。

そんなこと言うと、なんだか深くて分からないというか、重い感じもありますが。

紙を破り、貼ってはまた破り、という繰り返しの中で、そんな言葉が浮かんできたのです。

そして、東北の震災の時にもその事を感じ、「死と再生」をテーマとした作品に

癒されたことがあったなぁ、なんて思い出したのでした。


命は繋がれていくんだ、ということへの理解が、心の深い部分を癒してくれる、

そんなことをじんわり感じました。


クラス自体は相変わらず和気あいあいで♪

ワイワイ楽しく、元気をもらった一日でした^^


スポンサーサイト

【2014/05/22 15:50】 | アートセラピー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。