5つ星ホテル・スパセラピストによる、完全個室のプライベートサロン、The Beautiful Dawnへようこそ!いつもがんばっているあなたが、わがままを言える場所-そんなサロンをご用意しました。心・体・スピリットを繋ぐエサレンセッションと、5つ星ならではのおもてなし。隠れ家サロンにて、プロフェッショナルなホスピタリティをご堪能いただけます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルカタマザー


インドを旅していた頃の話ですが、あるヒーラーさんのところに何度か通っていました。

昨日、部屋の掃除をしていたら、その時に書きとめていたメッセージが出てきました。

数年たった今でも、私の心にすっと入ってくる言葉たち、、、。

少しシャープなメッセージですが、シェアできたらと思ってこちらに書いてみました^^


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

、、、、自分対他人ではなく、自分対自分自身のワークをしなさい。

あなたは自分と自分自身がくっついてしまっているから、

”自分自身”が何なのか分からないでいる。

あなたは人を恐れているのではなく、自分自身を恐れているのだ。


自分のダークサイドを見た時、それは喜ばしいことだ。

自分のネガティブなものが出てきた時、落ち込むことはない。

ただ、それを感じなさい。


一番高いところを見たければ、一番低いところを見なければならない。

自分が抱えている痛みを感じなければならない。

痛みを感じることを自分に許すこと。

そして、喜びを感じることも自分に許しなさい。

 
本来のあなたは感情の起伏がものすごく激しい人だ。その起伏はカオスと言ってもいい。

あなたはそのカオスを恐れて、自分をごまかしたり押さえつけたりしている。


ごまかすことを、やめること。そして痛みを感じること。


あなたが開きたいと言っている扉を開くためには、とても大きな痛みが伴う。

だからと言って、あけずにいるわけにはいかない。

それでは止まってしまうからだ。


人生は進まなくてはならない。


「繋がる」ということは、あなたにとって痛みを伴うものなのだ。

「繋がる」ということは、あなたにとっては大きな仕事だ。

だからあなたはそれをものすごく恐れている。そして逃げてしまう。


あなたはたくさんのところに出向いている。

あなたはたくさんのことを知っている。

しかし、何も成し遂げていない。

いつも逃げてしまうからだ。


なぜ、それを恐れているのか考えなさい。

なぜ、自分を防衛する必要があるのかを考えなさい。

感じることに、オープンに。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

じつは、今年は、私にとって、前に進むためにたくさんの痛みを掘り下げた一年でした。

インドにいたころと、アプローチの仕方は違うけど、

ちゃんと心のワークができた一年だったかな?なんて、あらためて思います。

いろんなことが起きた一年を、この言葉たちと振り返る時間が持ててよかった、、、。

そんなふうに、思いました^^


写真は、インド・カルカッタのマザーテレサの施設、マザーハウスでのクリスマスイブです♪

光と共に♪ メリークリスマス♪♪









スポンサーサイト

【2014/12/25 23:59】 | Beautiful Dawnコンセプト
トラックバック(0) |
朝日

数日前にいらした方ですが、私が働いているホテルスパにいらしたお客様のことを書いてみようかと思いました。

(個人が特定できないよう、少し内容を変えて書きますね^^)


その方は、なんだかすごくせっかちな様子でスパに現れ、あまり周りの声にも耳を傾けてくれない雰囲気のお客さまでした。

コンサルテーションもそこそこに、「疲れている、、、」とベッドに横になられ、そのままマッサージを始めました。

こういう方は割といらっしゃるのですが、そのお客様は、マッサージ中もずっとそわそわ。。。

途中で急に、「アップルジュースは今飲めないかしら?」とか言ったり、居心地が悪そう。。。

そんな中、突然、「私って今どんな感じかしら?」と質問されました。

お身体の状態を感じたままに伝えると、「感情面では?」との質問が。

とっさの事だったので「なんだか、動揺されているように見えますね、、、」とそのまま思ったことをお伝えしてしまいました。


その後、少しだけ言葉を交わしましたが、お客様の体がリラックスしてきたころ、

「実はすごく悲しいの。おなかに悲しみが溜まっている感じで。。。」と話してくれました。

それから、急きょおなかのマッサージに変更して。頭と首はしなくていいから、とのことで、

おなかと腕のマッサージを丁寧に行い、90分後にはだいぶリラックスされたように見えました。


終わった後、「私、今どう見えるかしら?」とまた聞かれたので、「とても静かで落ち着いて見えますよ」とお話ししたところ、

「そう。すごく落ち着いてる。すっきりしたみたい。でも、私、マッサージの最中に少し泣いていたの。でも、泣くことって大切よね。泣くと感情が流れて自分を取り戻せるでしょう?仕事で気が張ってると泣きたくても泣けないの。泣けないってすごく苦しい。今日は泣けてすごくよかったわ。」

と話してくれました。

個人的な話は一切聞いていません。

でも、ただそばに誰かがいて触れられていたことが、大きな癒しになったそうです。

なんだか、エサレン的だなぁ、と思いました。


ホテルスパでは、(私の場合ですが)あんまりこういったことはありません。

でも、エサレンではよくあります。

私もただ触れられて、何も話さずただ泣いて、そして癒されたことが何度もありました。

それと同じことがホテルスパでも起きたということが、なんだか不思議で、

でも、すごくうれしくもありました。

きっと、タッチの力、「触れられることで起る癒しの力」をご存知のお客さまだったのだと思います。


こういった方が増えるといいなぁ、と思いました。

そして、タッチの力をたくさんの人に伝えていける様、私も頑張ろうと思いました。

このお客様は、、、不思議な、神様からのギフト、だったのかな?

これからも、どんなところでも自分らしくセッションしていきたい、

そんなふうに思っています^^







【2014/12/03 20:27】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。