5つ星ホテル・スパセラピストによる、完全個室のプライベートサロン、The Beautiful Dawnへようこそ!いつもがんばっているあなたが、わがままを言える場所-そんなサロンをご用意しました。心・体・スピリットを繋ぐエサレンセッションと、5つ星ならではのおもてなし。隠れ家サロンにて、プロフェッショナルなホスピタリティをご堪能いただけます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大弁財天

先日の気功教室で教わった「気」のお話しの続きです^^

健康になるためには身体を「気」で満たすことが大事、でもその前にすることが。。。

それは、悪い気を抜いてあげること。そうじゃないと、いい気も入っていかないそうです。

その原理について、精神科医のアレクサンダー・ローエンの理論を用いて説明してくれました。


アレクサンダー・ローエン氏は、精神分析家のウィルヘルム・ライヒの弟子にあたる人です。

もうお亡くなりになったのですが、バイオエナジェティクスというボディワークの創始者で、

なんと、アメリカ・エサレンでもセミナー・リーダーとして活躍された方なのです!


そして、私はちょうど偶然にも彼の著作「身体のスピリチュアリティ」を読んでいたところでした^^


ローエン氏の理論によると、人間の営みはエネルギーを充電したり、または放電したりの

繰り返しで、この放電というものが、素直な情動の発散や開放的な行為などで体験されるとか。


つまり、エネルギーを放電するには自分が感じたことを表現していくことが大切!ということですね♪

で、それを妨げるのが「ブロック」なのですが、これは感情を抑えることでできてしまう

心のシコリのようなもので、筋肉の慢性的な強ばりやコリとしても現れるそうです。


ローエン氏いわく、子どものころに「怒っちゃだめ」「泣いちゃだめ」と言われて育つことで、

横隔膜にブロックを作り、身体を硬直させていってしまうそうです。

結果、エネルギーの放電がままならず、充電-放電のサイクルが機能しなくなってしまうとか。


身体の主なブロックとしては下記の3つがあるそうです。。

*のどのブロック――思考と情動の分離(頭で考えたことに感情が伴わない)

*横隔膜のブロック-情動と身体の分離(感じたことを外に出せない)

*首の後ろのブロックー思考と身体の分離(考えたことを行動に移せない)


ブロックは、感情を抑圧し、呼吸を止め、身体を縮込ませてできたものだから、、、

逆に、感情を解放し、呼吸を深め、身体を伸ばすことを同時にすることで、取り除ける!

というのが、バイオエナジェティクスの考え方です。


説明が長くてすみません><;

先日の気功教室では、その理論のもとに作られたエクササイズを行い、

身体を伸ばし、呼吸を深めることで感情を解放する、という体験をしてきました。


エクササイズを簡単に説明すると、、、やったことは、意外とシンプルです^^

仰向けに大の字に横になり、腰の下に座布団3枚ほどを入れる(腰がストレッチされている状態)

そのまま、おなかに空気を入れて「あー」とか「はー」とか声を出す

胸やのどにも空気を入れて「あー」とか「はー」とか声を出す

今度は中村先生の言うキーワード(「怒り」「恥」「悲しみ」など)を聞きながらそれを行う


こんな感じで♪終わった後は、なんだか身体がすっきりしていました♪

感情解放というと感情やそれに伴うトラウマと直面するイメージがありますが、

今回やったことは、お家で朝晩できちゃうような気軽なエクササイズでした^^

(ただし、意識が深まるに従ってトラウマに直面する場合もあるので注意は必要かと思います。
 参加された方の中にも、強い感情が出てきて手が震えたという方も。その方はしばらくして落ち着きましたが!
 感情やトラウマと向き合うことはとても大切ですが、安全な場所でむりせず行うことが大切だと思います。
 また、強すぎる感情が出そうな場合は1人で行うより専門家がいる場所で行ったほうが安全です。)

こんなふうに、エクササイズを通して自分の感情を受け入れ、呼吸とともに外に出して行く、、、。

その後に感謝の気持ちを身体に入れていく、、、。

そこに気の流れが生まれ、身体が気で満たされていくのだ、ということでした。

心と体が繋がっていることを体感できたクラスでしたー♪


スポンサーサイト

【2014/09/30 18:22】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
七沢荘

先日、本厚木近くにある七沢荘という温泉に行ってきました!

七沢荘ホームページ http://nanasawasou.jp/

玄関には看板犬のムーちゃんが、ゆるーくお出迎え(笑)


ここは東丹沢唯一の天然温泉で、ゼロ磁場に作られたという知る人ぞ知るパワースポット♪

お風呂の中には波動の高い石が敷き詰められていて、身体の元気を刺激してくれます。

温泉水はすごくとろとろしていて、美肌にもGOODです♪

子宝の湯としても知られ、女湯にはちょっと大胆なご神体(!?)も!!!


温泉もすごくいいのですが、一番の目的はそこで開催されている気功教室でした^^

縄文気功の気功師・中村さんの気功教室が、毎月第3日曜日にあるのです。

この気功教室は初参加でしたが、セラピストとして大切なこと、いっぱい学んできました!


今日はそのエッセンスをちょっとだけご紹介します♪

中村さんいわく、「気を入れる」とはどういうことなのか、、、というと。

形に
 ↓
意を入れることで
 ↓
気がはいり
 ↓
力が強くなる

ということだそうで。

気を入れたいものに「ありがとう」という感謝の思いを伝えることで、

そこに気が入りそれが強くなる。ということだそうです。

それを聞いた時、シンプルだけど、真髄!という気がしました。

その理論がどれだけ真実なのか、いろんな実験をして確認しながら、

身体感覚を感じていくようなクラスでした。


身体をめぐる「気」というものを高めることがなぜ大切なのか。。。

気が高まると。。。

筋肉がついて!

しかも、筋肉がやわらかくなり!

血行も良くなって♪

呼吸が深くなる。

そして、身体の痛みも和らいでいく。。。からだそうです^^


良い気を入れる時に大切なことは、まず悪い気を抜くこと!

満員電車だって、まずは降りる人が先!じゃなきゃ乗るスペースがないでしょ?と。

その、気の抜き方とは???

それを書いてしまうと、ものすごーく長くなってしまうので、今日は書かずにおきます。

でもでも♪、、、ヒントは、、、感情、です♪

この日は、丸一日遊べて学べて、楽しい時間をすごしました。

母のような愛で包み込んでくれたHさん、いろんなお話しで盛り上がったMさんにも感謝です♪


【2014/09/29 16:47】 | アミーズレポート♪
トラックバック(0) |
エサレン


昨日の夜は、オープンセンス主催のワークショップである、

クリスティンプライス GAPイブニングに参加してきました。

この、GAPとはゲシュタルト・プラクティス・アウェアネスの略で、

ゲシュタルト療法と禅の手法を掛け合わせた、エサレン独自のプラクティスです。


クリスは半年に一回は来日し、短期~長期のワークショップを開いてくれています。

今回のイブニングも、自分に気づく時間になったかな。。。と思いました。


GAPのコンセプトはくつろぎの中で自分に気づいていくことの練習です。

自分を感じ、気づいたことを言葉で表現し、目の前の誰かにただ聞いてもらう、

そんなことの繰り返しの中で、思いもしなかった自分の感情や感覚に気づくこともあります。

それが面白かったりして、やめられません♪


思考をオープンにして、それに気づいていく。

ハートをオープンにして、それに気づいていく。

感覚をオープンにして、それに気づいていく。


それが、とてもとても、気持ちいいんです^^


今回は、話しながら気づくというよりも、リスナーとしてパートナーの話を聞いている時に、

自分の心の動きに気づく場面がたくさんありました。


慰めてあげようとか、助けたいとか、アドバイスをしたいような気持ちとか、

そんな思いが湧いてきて。

自分がどれだけ、DOの状態で話を聞いているのかに愕然としたりして。


ただ、その人のそばでくつろいでいる、、、そんなことができるようになったら、、、。

きっと、もっと、大きなスペースの中でその人の話に耳をかたむけられるのだろうな。


そんなふうに思いました。

まぁ、それもまた気づき!少しずつ、がんばらないで、精進していきたいものです^^


【2014/09/25 21:59】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
グリーン


先日、自由が丘で活動されているアロマとカラーの太陽のセラピストさん、

雪乃さんがサロンに来てくださいました♪

雪乃さんは、サンキャッチャーのワークショップなどもされている、とっても素敵な方です^^

セッションの後、ご自身のブログでエサレンマッサージの感想を書いてくださったので、

こちらでも紹介させていただきますね^^

http://ameblo.jp/blue-heavensdoor/entry-11926579487.html

エサレンとは、、、が分かりやすく書かれている、ありがたいご感想です!!!


*************************************
本日はメンテナンスデー
夏の疲れに追い打ちをかけて
週末の仕事疲れがどっと出てきたので
以前に体験して虜になった
エサレンマッサージを受けに行ってきました。

エサレンマッサージボディーワーカーAmieさんは
五つ星ホテルのスパセラピストでもあります。
そのホスピタリティーは
見習うところがたくさん。

エサレンマッサージは
アメリカカリフォルニアのエサレン研究所発祥のオイルトリートメントで
全裸の開放感と
足先から腰、背中、肩まで
呼吸に合わせた
ロングストロークのゆっくりしたリズムに
軽いストレッチや
時折クラニオセイクラルの揺らしで
筋肉の深部へのアプローチが、
身体の解放を促します。

終始瞑想している様な
なんとも言えない浮遊感を味わえて
大好きな施術です。


何も纏わない状態に初めは抵抗があるがもしれませんが
(ちゃんと布一枚で覆われますのでご安心を(^^))
委ねる事で
自らの心と身体の不要なものの解放が
とても早いと言います。

日本ではまだポピュラーでは無いですが
お勧めの手技です。

リュクスなエサレンマッサージ。

ボディーワーク、エネルギーワークをしているセラピストさんの
癒しのメンテナンスにもお勧めです。

Amieさんの手の温もりと優しい人柄は
安心感があって

最後に出していただいた
かぼちゃとバナナのスムージーも
とっても美味しかったです!

有り難うございました(^^)

*****************************************

雪乃さん、こちらこそありがとうございました^^
雪乃さんの温かさや柔らかさを感じながらのセッションでした。
またぜひ、お待ちしています♪



【2014/09/23 23:56】 | セッションの感想
トラックバック(0) |
アースディ

わー!もう9月も半ば!こないだまで暑いと思っていたら。。。

一呼吸おいていたら、あっという間に月日って経ちますねf^^


さて、先日の大学で学んできたことに「マインドフルネス認知療法」というものがありました。

これは、行動療法の第三世代と言われているもので、禅の考えにヒントを得て作られています。

うつ病の方の治療にも効果が高いそうで、海外でもたびたびこの言葉を聞いたことがありました。


マインドフルネスとは、、、。
「自己の身体感覚や感情、思考と一定の距離をとってニュートラルな態度で観察し、

ありのままに受け入れる状態(Bergomi, Tschacher, &Kupper)」だそうで、、、。

そう聞くとちょっと難しいのだけれど、これって実はすごくエサレンと似ています!!!


つまり、目を閉じて、ゆっくりと自分の呼吸に意識を持っていき、

自分の体の内側と外側で何を感じているかに気づく、

自分の心が何を思い、何を感じているかに気づく、

それをあるがままに認めて受け入れていくことで、

なにかが溶けていく、、、なにかに気づいていく、、、。


そんなことが、マインドフルネスなのだ、、、と思いました^^


マインドフルネスの目的は「反芻」と「回避」を解きほぐしていくことだそうです。

反芻とは、必要のないネガティブな考えをグルグルと繰り返してしまうこと。

回避は、感じたくない感情や思考を避けることで、余計痛みを感じてしまうこと。


受け入れがたい思考や感情が湧きあがるたび、それを変えていくのではなく、

また、評価するのでもなく、愛を持って受け入れていくことで、変化を呼び起こす。


それはまさに、エサレンマッサージの真髄と同じだなぁーと思ったのです。


マッサージ中に、クライアントさんが安心して自分の心に向き合えるように、

愛を持って、優しさと共に、自分自身を受け止めることができるように、

プラクティショナーである私もマインドフルネスであらねば、、、と思いました^^


愛のある空間作りが、一番大切だと思うのです♪


授業では、マインドフルネスの簡単なエクササイズも教えてもらいました!

それもまた、ご紹介できればと思います^^


涼しくなって過ごしやすい日々ですが、こんなときほど夏の疲れが出やすくなります。

無理のない日々を過ごして行きましょうね^^



【2014/09/14 12:48】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
M大


なんやかんやと忙しく、あっという間に終わった8月!

その8月の後半は、ワタクシ実は女子大生生活をエンジョイしていました(笑)

去年の4月から始めた通信制大学の夏季講習に、8日間行っていたのです!

勉強しているのは人間科学部の心理学学科で、心をあれこれ科学的に学んでいます。


参加する生徒さんはほぼ皆さん社会人で、世代もばらばら。

中には、定年後の生涯学習のためにいらしている方や、大学院を目指している方も!

今回の講座の内容は「難しい」というよりは「興味深い」ものが多かった気がします。

そして、参加される方々の熱意もすごくあって、熱く盛り上がる8日間でした!!!


今年は「産業カウンセリング」と「カウンセリング論」を4日間ずつ学んできました。

実習的なものではなく、産業カウンセリングとは何か、カウンセリングの理論には

どのようなものがあるか、という座学中心の講座でしたが、それでも面白かった!

今なぜ働く人たちにカウンセリングが求められているのか、とか、

どのようなアプローチでカウンセリングを行うことができるのか、

カウンセラーの基本的態度とは、などなど、、、、。

このブログでも、あらためてお伝えできればいいなぁーと思うような内容でした。


今までも、色々勉強してきたつもりでしたが、それらの内容も頭の中で整理ができて、

すごくすっきりした感じもあり。。。


この8日間で学んだこと、感じたこと、改めてこちらでも書いていければと思います^^

とりあえずは、8日間慣れない座学を乗り切った自分に拍手!

今日は、忙しかった8月を振り返りながらのんびり一日を過ごしています^^

【2014/09/02 21:07】 | アミーズレポート♪
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。