5つ星ホテル・スパセラピストによる、完全個室のプライベートサロン、The Beautiful Dawnへようこそ!いつもがんばっているあなたが、わがままを言える場所-そんなサロンをご用意しました。心・体・スピリットを繋ぐエサレンセッションと、5つ星ならではのおもてなし。隠れ家サロンにて、プロフェッショナルなホスピタリティをご堪能いただけます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山芸術祭


先月行った、葉山芸術祭でのアートセラピーワークショップの感想をいただきました^^
ご本人の了承を得ましたので、こちらでも紹介させていただければと思います。

(注:ブログ上の絵は、私自身が描いたイメージ図です。ご感想の内容は参加者の
プライバシーを尊重するため、個人を特定できないようにしてあります。)


*********************************

この時期は、もともと仕事が忙しいうえに
今回はトラブルがあり、ちょっと気持ちが晴れませんでした。

でもワークショップに参加させていただいて、
集中しているうちに気持ちが軽くなっていることを感じました。
不思議ですね。

この7色のアートは、今は寝室に貼ってあります。
寝る前に、ゆっくり見るようにしていますが、
気持ちが充実していくのがわかるような気がしています。
今日一日に感謝して、明日も頑張ろう!って気持ちになっていきます。

ちょっとした「お守り」になっています。

本当に参加して良かったです。
ありがとうございました。

********************************

この方は、以前にも別のアートセラピーに参加されたことがあるそうです。

力強い笑顔がまぶしい、頼りがいのある雰囲気をお持ちのかたでした。


アートセラピーに限らないのでしょうが、「絵を描く」という行為は、始めた途端に

容易に自分を変性意識の世界へと導いてくれます。


変性意識とは、日常で自分たちが感じている意識とは別の次元の、より深い、

制約のない自由な存在でで、潜在意識、などとも呼ばれます。


ユング心理学によると、私たちの意識の9割はこの潜在意識が占めており、

その割には日常生活で意識されることがないという、不思議な意識です。


夢を見ている時、何かに夢中の時にはの意識の中にいるそうです。

「●●したいのに、なにかがひっかかってそう動けない」という時は、

その「なにか」にまつわる問題が潜在意識の中に潜んでいたりします。

逆に、自分本来が持つ知恵やヒーリングの力が隠れていたりもする場所です。


アートセラピーとは、その変性意識にアクセスしていくワークです。

絵を描くという行為を通し、目をそらしていた問題に向き合うことになったり、

問題の中核の答えに出会ったり、ヒーリングエナジーによって安らぎを感じたりします。


なぜ、そんなことが起るのか。

それは、「絵を描く」ということが原始的な行為に近いからだと思います。

言葉や理論を越えて、体が反応する色や形を持ちいて目に見えるものにしていく、

という行為が、潜在意識との対話を可能にしてくれるのです。


ありのままの自分がどのような存在か分からなくなった時、

アートセラピーはその答えを自分の内側から引き出してきてくれます^^







スポンサーサイト

【2014/05/30 12:25】 | アートセラピー
トラックバック(0) |
葉山芸術祭


先月行った、葉山芸術祭でのアートセラピーワークショップの感想をいただきました^^
ご本人の了承を得ましたので、こちらでも紹介させていただければと思います。

(注:ブログ上の絵は、私自身が描いたイメージ図です。ご感想の内容は参加者の
プライバシーを尊重するため、個人を特定できないようにしてあります。)


*********************************

この時期は、もともと仕事が忙しいうえに
今回はトラブルがあり、ちょっと気持ちが晴れませんでした。

でもワークショップに参加させていただいて、
集中しているうちに気持ちが軽くなっていることを感じました。
不思議ですね。

この7色のアートは、今は寝室に貼ってあります。
寝る前に、ゆっくり見るようにしていますが、
気持ちが充実していくのがわかるような気がしています。
今日一日に感謝して、明日も頑張ろう!って気持ちになっていきます。

ちょっとした「お守り」になっています。

本当に参加して良かったです。
ありがとうございました。

********************************

この方は、以前にも別のアートセラピーに参加されたことがあるそうです。

力強い笑顔がまぶしい、頼りがいのある雰囲気をお持ちのかたでした。


アートセラピーに限らないのでしょうが、「絵を描く」という行為は、始めた途端に

容易に自分の意識を変性意識へと変えることができます。


変性意識とは、日常で自分たちが感じている意識とは別の次元の、より深い、

制約のない自由な存在でで、潜在意識、などとも呼ばれます。


ユング心理学によると、私たちの意識の9割はこの潜在意識が占めており、

その割には日常生活で意識されることがないという、不思議な意識です。


夢を見ている時、何かに夢中の時にはの意識の中にいるそうです。

「●●したいのに、なにかがひっかかってそう動けない」という時は、

その「なにか」にまつわる問題が潜在意識の中に潜んでいたりします。

逆に、自分本来が持つ知恵やヒーリングの力が隠れていたりもする場所です。


アートセラピーとは、その変性意識にアクセスしていくワークです。

絵を描くという行為を通し、目をそらしていた問題に向き合うことになったり、

問題の中核の答えに出会ったり、ヒーリングエナジーによって安らぎを感じたりします。


なぜ、そんなことが起るのか。

それは、「絵を描く」ということが原始的な行為に近いからだと思います。

言葉や理論を越えて、体が反応する色や形を持ちいて目に見えるものにしていく、

という行為が、潜在意識との対話を可能にしてくれるのです。


ありのままの自分がどのような存在か分からなくなった時、

アートセラピーはその答えを自分の内側から引き出してきてくれます^^








【2014/05/30 12:16】 | アートセラピー
トラックバック(0) |
バイタルダンス

久々にフリーダンスのクラスに行ってきました^^

バイタルディベロップメントというダンスを行っているクラスです。
http://vitaldevelopment.jp/index.html

これは、自由に踊りながら自分を感じたり、体を使ったコミュニケーションを体感する、

という心を解放するようなダンスなのです。

木曜クラスの先生、睦美さんはいつもはつらつとしていて、そして知的で頼りがいの

ある女性です。


今回のクラスのテーマは「遊戯三昧(ゆげざんまい)」。

これは禅の言葉で「遊び戯れつくす、、、夢中になって遊ぶことから無の境地に

たどりつく」というような意味だそうです。


その言葉の通り、一曲目からラテンのアップテンポなリズムでスタート。

でも、いきなり踊ったりはしないのです^^

最初は全員で輪になって歩き、その後は1人で歩いたり、ペアを組んで歩いたり。

音楽に合わせて体を動かしたり、人と動いたりする経験を楽しみます。

そして、いつのまにか気づいたらみんなで一緒に踊ってる???という、

魔法のような面白さで、穏やかに展開していきます。


今回は踊りながら、割と深く自分の内側に入っていった気がしました。

たとえば「情熱を感じながら踊る」というテーマの時。。。

情熱と言うだけに、激しく体が動き出すのかと思いきや、そうではなく、

ものすごく重々しく、力の入った動きを、勝手に体がし始めたのです。

もちろん自分の意識はありますが、体が行動の主導権を握ったような感じでした。

「あぁ!情熱って、自分の情が熱くて重いんだ!」なんて思いながら、

なにか「ド演歌」とか、「スポ根魂」に近いようなものを感じていました(笑)

踊る前は、自分の情熱ってなんだろう?って思っていたけれど、

体がその答えを教えてくれたんですね!!


あと、今回初めて体験したことに「家族の踊り」というのがありました。

これは、踊りと言うよりは3人で行ういたわりあいの動作のようなもので、

お父さん役がお母さん役を、お母さん役が子ども役を抱っこするように座り、

頭や体をなでてあげる、というものです。これは、すごく気持ちよかった!

私はなぜかお母さん役の時にものすごく感情がはいってしまい、

子ども役の人が愛おしくて愛おしくて、その人の頭をなでながら、涙していました。


クラスの後は、みんなでご飯にいきました^^

初対面の人も数人いたのですが、クラスで感じたことをシェアしていくうちに、

いろんな話が出てきて、和気あいあいな雰囲気に。

そんな中でも、はっとするような、心に残るような話もたくさんありました。

本当に充実した時間。。。


「たった90分(のクラス)でこんなにもたくさんのことがおこるのよねー!」

なんて言葉もあり、まさに時空の旅をしたようなクラスでした。


こんな時間が持てるって、贅沢ですね。

今回は、最近仲良くなった友達と一緒に参加してきました。

改めて、出会いに感謝です^^










【2014/05/25 01:15】 | Beautiful Dawnメッセージ
トラックバック(0) |
4/19AT

先日、またまたフーちゃんのアートセラピークラスに参加してきました。

テーマは引き続き「内臓感覚を感じる」。

内臓感覚って、なんでしょうか?実は参加している私も今一つ分かっていませんf^^

内臓は、手足のように自分の意思で動かせるものではありません。

同時に、うっかり頭で忘れていたから止まってしまうものでもありません。

私たちの頭を超えた、命の部分で、日々活動してくれているものです。

それだけに、自分の魂の声が反映されやすい場所と言えるかもしれません。

その内臓たちがどのように感じているのか、内臓感覚のワークとは、

それを感じていくワーク、なのかな?


今回は、体を感じ、どこか重苦しいところがあったら、そこに力を入れたり縮めたりして

圧を加えていく、という瞑想を行いました。そしてその後に、絵具で絵を描いていきます。


瞑想中は、左わき腹に重みのようなものを感じましたが、いまいちよくわからないままでした。

でも、それを絵にかいた時、どういうわけか、巨大な重々しい魚が海面から出てくるものを

描いていました!

巨体を持ち上げ跳ね上がる姿は、ものすごい力強さを見せつけ、私を驚かせました。

「あぁ、私、おなかの中にこんなものを隠し持っていたのかぁ!」なんて思ったりしてf^^


その後はまた瞑想に入り、今度は「自分の中に在る、自分を助けてくれる質」を感じていきました。

そして出てきたものは、上の写真の絵です。


最初頭の中にあったものは雪でした。ふるさとの雪景色。大雪の後の青天の朝です。

清らかさと、すがすがしさと、純粋さと、あたたかさ。柔らかさも感じていました。


上の絵は、実は絵具と色がみで作られています。水色の色がみを破って貼り、

貼ったものをまた破り、白と青の絵具を糊代わりに使い、貼り付けていきました。


その動きはとてもゆっくりで、どこか瞑想的だったよ、と後で言われました。

その割に、激しい印象がある絵に仕上がっているのがとても不思議です。

波のような、白鳥のような絵に仕上がりました。


私にとって、「自分を助けてくれる質」とは何だろう?と改めて考えると、

それは「死と再生」「破壊と再生」への理解、のような気がしました。

そんなこと言うと、なんだか深くて分からないというか、重い感じもありますが。

紙を破り、貼ってはまた破り、という繰り返しの中で、そんな言葉が浮かんできたのです。

そして、東北の震災の時にもその事を感じ、「死と再生」をテーマとした作品に

癒されたことがあったなぁ、なんて思い出したのでした。


命は繋がれていくんだ、ということへの理解が、心の深い部分を癒してくれる、

そんなことをじんわり感じました。


クラス自体は相変わらず和気あいあいで♪

ワイワイ楽しく、元気をもらった一日でした^^



【2014/05/22 15:50】 | アートセラピー
トラックバック(0) |
海

昨日、一緒に働いているスパのスタッフの女の子が、

あるフィットネスのクラスに参加した時のことをシェアしてくれました。


そのクラスで気功に似た体操をした後、軽く瞑想をしていたそうですが、

その瞑想中、インストラクターの人に肩に手を置かれたそうです。

その時、突然涙が出てきて、涙が止まらなくなってしまった。。。

あれはなんだったんでしょう?と話してくれました。


「あぁ、ゆるんだんだね。泣けて良かったね。体が楽になったでしょ。」

と言ったら、「あみさんも、やっぱりそう言うんですね!!それってなんで???」

とすごく驚かれてしまいました^^


体は筋肉疲労や血行不良によって硬くなっていきますが、実は無意識のうちに

自分自身でも体に力を入れているために、体が硬直してしまっていることが

わりと多くあります。そんな時は呼吸も浅くなっていたりして。。。


それは、今現在感じているストレスや、昔受けてしまった心のキズ、

そんなふうに思ってはいけないと抑圧している感情などを無視しようとして、

体が勝手に力んでしまっているのです。


カウンセリングなどのアプローチで自分の内側に触れ、それに気づいていくことで

体の緊張が取れることは多くありますが、実はその逆もしかり、だったりします。

つまり、体を動かしたり深い呼吸をすることで体がゆるみ、押さえていた何かが

内側から出てくることがあるのです。涙はその「何か」と一緒に出てくることが

多いのです。


彼女がそのクラスで計らずしも涙を流したのは、そのクラスのインストラクターさん

が、「安全に泣ける場」を作っていてくれていたからだと思います。

安全な場所で心と体を解放した時、私たちはきっと、何かを押さえつける必要は

もうないのだ、と思えるのかもしれません。


実は、エサレンマッサージもそれと同じ原理でアプローチしています。

信頼できる場で、出てきたもにすべてにOKと言える空気を作り、その中で

体を緩めていく。。。

それは2人で行う瞑想のようなものであり、「心の旅」とも言えるかと思います。


深い安らぎの中に入り、自分自身を探求していく。


私はエサレンマッサージは、リラクゼーションを超えた心の旅だと思いながら、

セッションしています^^


ちなみに彼女が泣いたというクラスは「バンクシア・フィットネス」というもので、

私も一度参加したことがあります。

簡単な動きなのに、体のゆがみや緊張がとれていく、不思議な体操クラスです♪


体は無理やりほぐされるよりも、ただその状態に気づいてほしい、今のそのままの自分に

寄り添ってほしいだけなんだ。それを理解できた時、体は自分でほぐれていくのではないか

と体感できたクラスでした♪


体の声を聞く、それが大事ですね^^


【2014/05/12 21:43】 | エサレンのこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。